ヤマハのグランドピアノのタッチをなめらかに

以前にお客様のご希望でタッチウエイト調整をした
ヤマハのグランドピアノ C3AEのタッチを
さらになめらかな感触にするために
キャプスタンを交換しました。

 

ヤマハ純正キャプスタン
これはヤマハのグランドピアノに
オリジナルで採用されているキャプスタンです。
「頭の形が平たい」ので
ウイペンヒールを持ち上げていく時に抜けが悪いのです。
そこでキャプスタンの頭に絶妙なアールがかかっている
スタインウェイの純正キャプスタンに交換します。

 

キャプスタンインストーラー
便利な道具を使って、オリジナルのキャプスタンをするすると抜いていきます。

 

キャプスタンの比較
右の3つがオリジナルのキャプスタンで
左の3つが新たに取付けたスタインウェイのキャプスタンです。
左のキャプスタンの頭の部分には丸みがあるのが分かります。

 

キャプスタン交換
全てのキャプスタンを交換して、整調をやり直して完了です。
鍵盤の抜けがよくなり、タッチが滑らかになって
コントロール性が向上します。

 

ヤマハのグランドピアノをお使いの方で
鍵盤に押し込むような感覚や違和感を感じている方々に
オススメの作業です。

 

今回行った方法以外に
キャプスタンを交換せずに
頭の部分に専用のアタッチメントを取付け
丸みを得る方法もあります。

 

キャプスタンの交換単体の作業でも効果は感じられますが
タッチウエイト調整と併せてアクション全体で修正してやると
一層弾きやすいタッチのピアノになります。

 

渡辺ピアノ調律事務所
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-20-14
E-mail  info@piano-tokyo.jp
url  http://www.piano-tokyo.jp/
weblog  http://www.piano-tokyo.jp/blog/