グランドピアノの2度打ちの修正

ヤマハC3E
ヤマハのグランドピアノ、C3Eのオーナーさんからのご依頼で
ハンマーの2度打ちを直しにお伺いしました。

ご依頼内容は
「某店にて中古のC3Eを購入し、納品調律に来てもらい
タッチを少し重くしてもらうよう頼んだところ
それからハンマーが2度打ちするようになってしまった。
その後、何度か2度打ちの修正を購入店の技術者に頼んだが
一向に改善しないので一度診て欲しい」との事。

お伺いして、さっそく弾いてみると
一回の打鍵で「ポン、ポーン」と見事に2度打ちしています。

指示書
お客様から、気になる点の指示書を頂きました。
こんな風にご指示頂くと作業が捗ります。

強過ぎるレペティションスプリング
2度打ちの原因はこれ。
タッチを重くして欲しいという要望に対し
レペティションスプリングを猛烈に強くして対応した為
ダブルエスケープメントする際、勢いが強すぎて
2度打ちするようになっていました。

レペティションスプリングの調整
88鍵全てのスプリングを潤滑してから
適正な圧に調整し直すことで
件の2度打ちは解消しました。
他にバックストップが広すぎたので基準寸法に修正。
ストップが広いと、テールをキャッチ出来ず
2度打ちする場合があります。
バックチェックスキンは硬化しておらず問題なさそうです。

整調
また整調が全体に大味すぎるので
一日かけて整調のバラツキを揃えました。
ハンマーならしが低すぎたのと
ドロップが少ない点がとくに目立ってました。

サイレントの取り外し
このグランドピアノには
もともとサイレントが付いていましたが
全て取り外し、普通のアコースティックピアノに戻してあります。
シャンクにあいた穴はその名残です。
サイレントを外したのは正解で
整調の精度をギリギリまで高められるのと
作業効率が上がります。

エスプレッソ
作業途中、出して頂いたエスプレッソにはラテアートが!

作業後のチェック
夕方全ての作業を終え、
2度打ちが直っている事をご確認頂き作業完了。
もともと鳴りのいい個体でしたが
整調を見直した事で、さらに鳴りが良くなって
お客様も驚いておられました。

整調を正した後のこのピアノは
ダウンウェイト45gから50gと軽め傾向のようです。
もう少し重ためにしたい場合は
今回の件のようにスプリングを強めるのではなく
別の方法で修正すると
2度打ちすることなくタッチを重く出来ます。

新しいスタッフ
話しは変わって
事務所に新しいスタッフが2人入りました。
ま、子猫なんですが。

猫のおもちゃ
いつも調律に伺っているお客様が
新たな猫が来たことを知って
たくさんのおもちゃを送ってくださいました。
子猫だからか食いつきがスゴイです。
K様、本当にありがとうございます。

グランドピアノの2度打ちの修正@東京都板橋区

 

渡辺ピアノ調律事務所
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-20-14
E-mail  info@piano-tokyo.jp
url  http://www.piano-tokyo.jp/
weblog  http://www.piano-tokyo.jp/blog/