除湿の効果があったピアノ3台

ダンプチェイサー
昨年、公共施設のアップライト(U1)2台にダンプチェイサーを取付け、
取付け後はじめての調律にいきました。

この建物は設備が古く、エアコンではなく「クーラー」です。
その為、冷たい風が出るだけで「除湿」はされないので
梅雨時から夏の間にかけて、湿度70パーセント超えの状態が続きます。
この時期はピッチが20centほど上がってしまい
オクターブはウネウネになり
反対側の季節には20centほどピッチが下がり
困った施設担当者がダンプチェイサーの導入を決意した経緯です。

ダンプチェイサー2

効果はかなり出ていて
ピッチの上昇は+4centほどにおさまっていて
調律の狂いは取付け前より格段に良いです。

 


もう一台は戸建てのグランドピアノ C3E で
昨年まではとくに除湿等はしていなくて
前回作業時は25度の61パーセントで
DWが60g前後で鍵盤が重ためでした。

エアコン

除湿器

湿度計
今年はエアコンと除湿器を導入なさっていて
作業時は室温28度、湿度46パーセントで
DWが48gから52gくらいまで下がり
前回よりDWは10g近く軽くなっていました。

適湿で保たれることで
フリクションが下がり、DWが小さくなり
UWが大きくなるので反応の良いタッチになります。

調律が狂いやすい、タッチが重いといった場合、
高過ぎる湿度が原因となっているケースが少なくありません。
環境を改善するだけで、問題が解決してしまう場合も多いです。

 

 

 

渡辺ピアノ調律事務所
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-20-14
E-mail  info@piano-tokyo.jp
url  http://www.piano-tokyo.jp/
weblog  http://www.piano-tokyo.jp/blog/