グランドピアノの鍵盤が重いので軽くしたい

ベーゼンドルファー

ピアノはベーゼンドルファーのセミコンです。

お客様曰く、

「弾いている時は集中しているのであまり気にならないが、弾き終わった時に手や腕に疲労を感じる」
「ホールで弾くスタインウェイのタッチが軽いので、自宅のベーゼンドルファーとの重さのギャップを少なくしたい」
といった内容です。
実際に弾いてみた感じとしては、ピアニッシモでもそれなりに重く感じ
フォルテやトリル、トレモロでも重さを感じます。
この事からバランスウエイトを今より小さくして
同時に慣性モーメントもある程度小さくする方向で調整出来ればと思います。
タッチウエイトマネジメント(Nakamura Touchweight Management)
弾きやすいピアノとなるよう改良していきます。
また重たいのは低音から次高音のはじめまでで
次高音の途中から最高音にかけては軽く弾きやすいので
SRの変更と鍵盤鉛調整は、低音から次高音のはじめにかけてのみ行い
次高音の途中から最高音のSRと鍵盤鉛は現状維持とします。
このピアノはヒールクロスの接着が、ヒールの多くの面でされているので
SRの調整はパンチングの半カットのみ検討しています。
高音は半カットしませんので、カットした音域と
鍵盤ならしが違ってきますから、ならしを均一になるよう再調整します。
整調は特に問題なく、鍵盤とフレンジともにスティックは無し。
シャンクフレンジはむしろトルクが1g以下になっているものが
何ヶ所かありましたのでセンターピン交換をして適正トルクに修正しました。
またジャックに液体黒鉛を塗り直しておきました。
レシオ類は、ARが5.6、SRは6.0でした。

 

 

オリジナルの平衡等式

オリジナルのサンプル音の平衡等式です。
低音と中音の白鍵のBWが大きく
FWはシーリング値を超えている鍵盤もあります。
3要素関連表では
HSWが指標9で、SRが6.0の場合
FWをシーリング値マイナス3gとするには
BWは45gとなるようです。
しかし実際にはこのピアノのサンプルキーC1は
BW42.5gですので、鍵盤鉛が多めかそれらを手前に寄せて配置している、
あるいはサイズの大きい鉛でFWを大きくすることで
BWを小さくしていると考えられます。

 

シミュレーション

サンプルキー(低音C1)での
平衡等式を利用したシミュレーションです。
数値は左から、DW,UW,BW,F,FW = KR,WW,WBW,HSW,SR,
(一番右はFWシーリング値とHSW指標)。
HSWを指標9から指標8に下げ
バランスパンチングの半カットでSRを仮に0.4下げ
最後にBW基準の鍵盤鉛調整を行うことで
BWがオリジナルより5g小さい37.5gに
FWはシーリング値マイナス3.9gを達成出来ることが
シミュレーションにより分かりました。
HSW(黒)は、低音が指標8から9、中音下から途中までは指標9から9超、
中音の途中から次高音は指標8、高音は途中までが指標8から9、
最高音が指標9から12でした。

スマートチャート

HSW(赤)全体を指標8辺りで均す方向で調整しました。
最高音は弾いた感じは重くないので、音色のバラツキを揃える方向での調整とします。

 

鍵盤テンプレート

鍵盤の慣性モーメントを算出するために
サンプルキーの鍵盤テンプレートを作成しました。

 

フロントウエイト比較計算表

鍵盤の一番手前に入っている大鉛を抜いて
バランスピン側に鉛を入れ直す事で目標FWを達成し
同時に慣性モーメントも小さくする方向の効率的作業で
BW基準の鍵盤鉛調整を行います。

 

換算慣性モーメント

オリジナルの状態と比べて、BWは12パーセント下がり
換算慣性モーメントは9.2パーセント下げる事が出来ました。
作業後にお客様が30分程試弾しての感想は
「鍵盤の返りが速く感じます」「以前は重かった左手(低音部)が楽になりました」
との事でした。
私が弾いた感じではズッシリとした重さが無くなり、弾いていて楽だなぁという印象です。
BWだけでなく慣性モーメントもある程度小さく出来たので、良い結果が得られたようです。
またHSWのバラツキが無くなった事で
音色のバラツキがほとんど気にならなくなりました。

 

タッチウエイトマネジメント(Nakamura Touchweight Management)
渡辺ピアノ調律事務所
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-20-14
E-mail  info@piano-tokyo.jp
url  http://www.piano-tokyo.jp/
weblog  http://www.piano-tokyo.jp/blog/