グランフィールの取付け(シュベスター Mod No.54)

グランフィール機能付きシュベスター

 

シュベスター Mod No.54 SN : 5553XX にグランフィールを取付けました。

グランフィールはお手持ちのアップライトピアノにグランフィールパーツを取付けることで
アップライトピアノでありながら「グランドピアノのタッチと響きを実現します。

 

スティック修理
すぐにグランフィールパーツの取付けに取り掛かりたいところですが
このシュベスターは、梅雨、夏、秋の長雨と湿気にさらされた為
ほとんどのフレンジがガチガチにスティックを起こしており
Fが増えてDWは70gかそれ以上と非常に重くなっています。
先ず全てのセンターピンを交換するところから作業しました。
また以前このピアノを作業した技術者は潤滑に黒鉛を使うのが好きだったようで
ヒールクロス、レバークロス、鍵盤の前後ブッシングクロスには
黒鉛がたっぷりと塗布されています。
どのような潤滑剤も技術者の好みで施工して構わないと思います。
個人的に黒鉛は最初は潤滑の機能を良くはたしてくれますが
時間の経過とともに粘りが出てくるのが気になります。
各所に塗布された黒鉛はベンジンで軽く拭き取る事で
さらっとした状態になるように処理しました。

また打弦距離が49mmと広く、あがきが9.5mmなので「働き」が出ずに
レットオフをかなり広くしてありました。
これを打弦距離46mmに、あがきを10mmにして
レットオフを低音側から3mm、2.5mm。2mmに修正します。

 

 

バット加工
ハンマーのバット加工を行います。
アップライトピアノ特有の「カラを感じるタッチ」を解消し
グランドピアノのようなダイレクト感のあるタッチとし
ジャックの抜けと戻りにも影響するグランフィール必須の作業です。

 

レペティションスプリングの取付け
レペティションスプリングが追加されました。
この他にドロップスプリングもハンマー側に追加されています。
グランドピアノには装備されていてアップライトピアノには無い部品を追加することで
アップライトピアノにグランドの機能が追加されます。

フレンジのスティック修理をした事で
DWは70gから55gまで軽くなり
表現力豊かなシュベスターに生まれ変わりました。

 

「グランフィール」については
以下のページに詳細を掲載しております↓
http://www.piano-tokyo.jp/granfeel.html

 

渡辺ピアノ調律事務所
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-20-14
E-mail  info@piano-tokyo.jp
url  http://www.piano-tokyo.jp/
weblog  http://www.piano-tokyo.jp/blog/

「日本のピアノメーカーとブランド」

日本のピアノメーカーとブランド

按可社さんが「日本のピアノメーカーとブランド(三浦啓一著)」を送ってくださいました。
かつて日本には多くの国産ピアノメーカーやブランドがありました。

 

日本のピアノメーカーとブランド2
「メーカー編」では各々のメーカーについての詳細を、
「ブランド編」では多くの写真や当時のカタログが掲載されていて
眺めているだけでも楽しめる本になっています。
付録のメーカー年表が秀逸です。

 

 

渡辺ピアノ調律事務所
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-20-14
E-mail  info@piano-tokyo.jp
url  http://www.piano-tokyo.jp/
weblog  http://www.piano-tokyo.jp/blog/

グランフィールの取付け(アポロUG122DX)

APOLLO 東洋ピアノ
アポロUG122DXにグランフィールを取付け。

いつも定期調律でお伺いしているお客様のピアノで
東洋ピアノでは、時々見かけますが
アップウエイトが不足ぎみで、鍵盤の戻りの反応が悪く
結果バランスウエイトはさほど大きくないのに
弾いていて重く感じるという状態がありますが、このピアノでも見られました。

お客様から「鍵盤が重く感じて弾きにくいので調整出来るなら少し軽くして欲しい」
との要望があり、グランフィール取付け前に
一度調整にお伺いして、タッチの調整を済ませてあります。
バランスウエイトは維持しつつ
アップウエイトを3gほど大きくしました。
果たして弾きやすいと感じて頂けるか心配でしたが
この作業のあと、お客様からメールを頂き
「指に吸い付くようになり弾きやすいです」との事で一安心。

 

タッチの調整を事前に済ませ
グランフィールパーツを取付けました。
グランフィールの取付け
タッチが重くならないようなセッティングを心がけ、
且つしっかりグランドピアノと同様のタッチ感が得られるように
取付けと調整を行いました。

 

グランフィールの納品と調整
そして本日お預かりしてグランフィールパーツを取付けたアクションの
納品と調整を行いました。
事前のタッチ調整と
グランフィールパーツの取付け時の工夫が功を奏したようで
頭の中で描いていたよりも、大分良い感じのタッチに仕上りました。
後はこのピアノをメインで弾いている子供さんにしばらく弾いてもらって
再度調整の必要があれば、好みに合うようセッティングを詰めていく予定です。

 

 

「グランフィール」
http://www.piano-tokyo.jp/granfeel.html

 

 

渡辺ピアノ調律事務所
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-20-14
E-mail  info@piano-tokyo.jp
url  http://www.piano-tokyo.jp/
weblog  http://www.piano-tokyo.jp/blog/

 

グランフィールの取付け(ヤマハUX500)

グランフィール
お客様のヤマハUX500に後付けグランフィールを取付け。

以前からグランフィールに興味がお有りで
今回、念願の取付け作業となりました。

 

グランフィールは、今お使いのアップライトピアノに
グランフィールパーツを追加する事で
アップライトピアノでありながら
グランドピアノさながらのトリルや連打を弾く事が可能になり
取付けたパーツの副産物として
タッチだけでなく響きまでもグランドピアノに近づくという技術です。

 

グランフィールパーツ
グランフィールパーツも地味に改良されていっております。
今回入荷分ではジャック関連の部品が新しくなっていました。
見ると「なるほど!」といったバージョンアップです。

 

取付け後、調整作業中に少し離れたところで音を聞いていたお客様が
「本当にグランドピアノみたいな奥行きのある音ですね」と喜んで居られたのが印象的。
体感で分かるくらいには高次倍音が増すので、響きがゴージャスになります。

 

今あるアップライトピアノを気に入っているし
グランドピアノに買い替えるほどではないけど
もう少しグランドピアノのように表現豊かに演奏出来たら...

そんな時は選択肢として、グランフィールを検討なさってみるのも一つの方法です。

 

渡辺ピアノ調律事務所
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-20-14
E-mail  info@piano-tokyo.jp
url  http://www.piano-tokyo.jp/
weblog  http://www.piano-tokyo.jp/blog/

鍵盤が下がったまま戻らない

鍵盤
いつも調律にお伺いさせて頂いているお客様から連絡があり
65(C#)と66(D)の鍵盤が下がったまま戻らないので見て欲しいとの事。

ピアノはカワイのGM-10 ピアノマスク付きです。
特別湿度の高いお宅でもないので
フレンジや鍵盤のスティックは考え難いです。
隣り合う鍵盤で動きが悪くなっているという事なので
鍵盤と鍵盤の間、もしくはアクション部品間に
何か異物が入ってしまった可能性が考えられます。

お伺いして鍵盤を見てみると

65(C#)が左に寄ってしまい、66(D)との間が広くあいていました。
何か入ってそうです。

 

鍵盤の異物
ありました。
小さく丸いものが絶妙に鍵盤の間に嵌ってしまい
鍵盤がスムーズに動けなくなっています。

 

異物を除去
アクションと鍵盤を外して
異物を無事取り除きました。
こんな小さなものでも、入り込んだ場所が悪いと
鍵盤の動作を妨げてしまいます。

鍵盤とアクションを元に戻して動作をチェック。
無事に鍵盤が元通り動くようになりました。

 

渡辺ピアノ調律事務所
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-20-14
E-mail  info@piano-tokyo.jp
url  http://www.piano-tokyo.jp/
weblog  http://www.piano-tokyo.jp/blog/