Home > ピアノ調律について

ピアノ調律について

ピアノ調律

調律について
ピアノは定期的に調律が必要な楽器です。ピアノの調律とは、弦の一端が巻きつけてあるチューニングピンを、チューニングハンマーという道具で締めたり弛めたりして、88鍵を音楽として成立する音律に仕上げる作業を言います。ギターやバイオリン等の弦楽器と同様に、内部には弦が張ってあります。ピアノに使われる弦は炭素鋼で出来ており、1本が80〜90キロ、その本数は全部で220〜230本もあり、16〜20トンもの張力が常に掛かっているのです。他の弦楽器に比べ強い張力で張弦してある為、僅かな弦の緩みが、かなりの調律の狂いとなってしまう非常にデリケートな楽器なのです。ピアノは、弾かずに置いておくだけでも少しずつ調律が狂ってしまう事にくわえ、その他調律が狂う要素として、温湿度の変化、使用状況、設置環境などがあります。ピアノはオブジェではなく、音楽を奏でる「楽器」ですから、せっかく良いピアノをお持ちでも、調律が狂っていては音楽として成立しません。正確な調律をしてあげる事で、はじめて鍵盤楽器「ピアノ」としての魅力を発揮するのです。私達「人」が定期的に健康診断をするように、車に車検があるように、ピアノも定期調律を欠かさない事が大切です。ホールのピアノのように演奏前に毎回調律出来ると理想的ですが、一般家庭ではそうもいきません。せめて年に1回の調律、できれば半年に1回程度の調律をしてあげると良いでしょう。

整調

整調について
整調はピアノにとって、調律と同時進行で行う必要のある大切な作業です。「音が出ない・出にくい」、「鍵盤の動きが悪い」、「ハンマーが2度打ちしてしまう」等は、整調が正しくない場合に起こります。主に鍵盤からアクションまでのメカニカルな機構の動作を、88鍵均一な動作となるよう調整する作業です。ピアノは主に木やフェルト等の自然素材で構成されています。これらは日々の演奏による部品の消耗や温湿度の変化などにより、基準寸法から少しずつずれてきてしまいます。その為、ピアノは調律と同時に必ず整調を見直してあげる必要があるのです。整調は主にタッチに影響する工程ですが、音色にもかかわっているので整音作業と考えることもできます。

整音

整音について
整音は英語では Voicingと言い、ピアノの発声を綺麗な声の出し方にしてあげる作業です。例え調律をしていないピアノでもとりあえず音は出ます。しかしピアノは音楽を奏でる楽器ですから、とにかく何でもいいから音が出れば良いという訳にはいきません。そこで音色に特に影響のあるハンマーを中心に、正しい発声になるよう整音作業を施します。内部は消耗品の集まりですので、ハンマーも例外なく日々の演奏により消耗し、かつ多湿や過乾燥といった劣悪な環境下に長年置かれていると、仮に未使用のハンマーであっても弾力を失い劣化します。このような望ましい状態ではないハンマーを、ピッカーやファイラー、硬化剤、軟化剤等を使い理想的な状態へと仕上げてあげることで、のどで歌うのではなく、お腹から声を出すようにしてあげます。整音は、調律や整調とも関係してますので、調律の際には、調律だけではなく、整調・整音も平行して行う必要があります。

修理

修理について
ピアノ内部は消耗品の集まりです。その為、調律だけでは無く、部品交換や修理を必要とすることがあります。ピアノを弾く方の中には、音が出ない(出にくい)、鍵盤が下がったまま上がらない等の症状を経験したことのある方も少なくないと思います。どれだけ定期的に調律していても、生楽器であるピアノは、調子を崩すことがあります。例えば、人間でいう「関節」に相当する「フレンジ」という箇所が、一つの鍵盤に対し複数あります。このフレンジのどれか一つでも動きが悪くなっていると、途端に演奏に支障を来してしまうのです。フレンジの例えはほんの一例で、他に不調の原因となる箇所が多数あります。しかしピアノは修理が可能な楽器ですので、一部が調子悪いからと言って買い替える必要はありません。調子の悪いところは、そこだけ修理が可能です。ピアノは次の世代へ引き継いで使え、長く共に出来る素晴らしい楽器です。定期的な調律を欠かさず、不具合があれば修理をして、出来るだけ長く使って頂ければというのがピアノ調律師渡辺の願いです。

調律に関するご質問は、
お気軽に渡辺宛 info@piano-tokyo.jp までお問い合せください。

Home > ピアノ調律について